名古屋で婚活するなら恋する結婚相談所

結婚相談所を始めて、つまずいたこと(@_@;)そして学んだこと♪

杉浦 由実

2018.03.31

活動ブログ

こんばんは

今週はずっと晴天

晴れの日が続きました

気持ちが良い季節です

私がマリッジコーディネーター

、結婚相談所を始めて

一番最初につまずいたのは

会員様に共感すること

普通、女性は共感することが得意で

女性同士の会話を聞いていると

あるあるの様子が

「わかる!わかる!」

って相槌をうってるようす

どんな状況でも

この相槌は効果的で

悩んだり困ったり

相談に来て下さる人には

まず傾聴

そして共感

そこから信頼を築いて

はじめてアドバイスができる

最初からアドバイスしようとしても

上手く伝わらないし

聞いてもらえない

押しつけがましくすると

もう、お話しすることさえ

拒否されてしまう

そうすると

その人の

婚活も上手くいまなくなる

人と共感することが

こんなに難しいのかと

改めて思ったあの頃

それから

私は自分の至らなさを克服するため

プロコミュニケーションモデルを学んだ

おかげで今は、共感することもできるし

もちろんその前に傾聴することもできる

アドバイスも聞いて頂けるようになった

お客様、会員様が怒らなくなった

って「怒られてたの?」と聞かれそうですが

はっきり言って、怒らせていました

何が原因か?

上手くいかないといらいらするんです

だからその「いらいら」を聞くべきなのです

そう「傾聴」

でも経験不足の私は

「傾聴」する前に話してた

アドバイスしていた

カウンセリングと称して

自分の言いたいことを言っていた

いやー、それでは怒らせるはず

だから、自らが「心理学」を学んだ

すべての人が幸せになれるよう

幸せって結婚だけじゃない

だけど「結婚」の幸せを伝えていきたいと思った

私も結婚して子供を持ち

幸せに暮らしてきた

その幸せを伝えたいと心から思った

そして、今がある

だからこそわかる

そして

この貢献感は、結婚相談所の

マリッジコーディネーターでないと

感じられないとも思った

女性は結婚して子供を持つと

心が家へ内へ

そう、中心が家の中

夫と子供

自分がおざなりになる

婚活してる男女は

中心が自分

人は自分軸は必要だというけれど

自分ひとりでは生きられない

一人で生きられないけれど

結婚していても

結婚していなくても

バランスが悪いと

幸福感がない

コミュニケーションを学んで

このバランス感が幸せ感を左右することに

気が付いた

今の季節なら

桜を思いっきり楽しむとか

f:id:yumi-sugiura:20180328182218j:plain

観てるだけでも幸せになれる

でも、気持ちが

家だと、それさえ気づかない

まず、自分に気付くところからでも

今日も最後までお読みいただき

ありがとうございます

一般社団法人 日本婚活事業サポート協会

マリッジコーディネーター養成講座

講師 杉浦由実でした

Contact us!

相談は無料です!
まずはお気軽にご連絡ください

TEL:052-265-9753 月~金10:00~19:00 / 土10:00~17:00
定休日:火曜日 ※月火が祝日の場合は水曜定休