名古屋で婚活するなら恋する結婚相談所

『期待』・『評価』・『侮辱』

宮原 眞琴

2019.11.27

活動ブログ

皆さんこんにちは(*^_^*)

2週間以上お休みして申し訳ございません<m(__)m>

書きたい事がまとまらず・・・

いやっ!言い訳ですね^_^;

書けたのに、書かなかった理由を探し並べてしまう・・・

宮原は逃げ道をすぐ探してしまう(~_~;)

『意志の強い人間であれば・・・』し『完璧な人間であれば・・・』なんて口にはするものの^_^;

私自身が『ソレ』を求めていないし!望んでもいないのが『本音』

求めてもいなくて・望んでもいない人が口にしていても

なれるワケも!!近づけるわけもないですね(~_~;)

なんせその努力をしないのですから^_^;

でも・・・

誰かの『期待』には応えたい!!という気持ちはあるんです(^_^)/

これがまた、自分をややこしくする・・・^_^;

いつから、そんな気持ちを抱くようになったのか(~_~;)?

望んでもない生き方をする様になったのは(~_~;)何故なのか?いつからなのか??

辿り着いた答えは『いつのまにか・・・』でした。

いつのまにか知らない間に

『誰かの期待に応える』という生き方をしてきたように感じます。

そのきっかけは・・・おそらく幼少期の頃です。

母に何も言われることなく

なんか「自分のいいところを見せたい!!」と

家のお手伝いをして、仕事帰りの母の帰宅を待っていると。

「わぁ~嬉しい(^^♪ありがとう!すごいねぇ~!!」と

両手広げて大喜び、めちゃ褒められた!

今思えば私の母は『褒め上手』だったなと(^_^;)笑

『嬉しい気持ち』になった私は♡

「もっと喜んでもらいたい!!褒められたい!!」という感情から

頼まれ事もやるように。

やらなくて当たり前だった日常が、やっていて当然になってきた頃には・・・

「なんでやってないの?前は言わなくてもやってくれたのに・・・」と

相手ががっくりと肩を落とす。

『なんか悪いな・・・自分がやっておけばこんな風にならなかったのにな・・・』

と見えないプレッシャーに苦悩し

いつしか・・・【相手の望み通りに結果を出す】

にすり替わっていった様に思います。

相手の期待は、時に自分を失います(@_@;)

 

『期待』

「あることが実現するだろうと望みをかけて待つこと」「当てにして心待ちにすること」

「応える」は、「相手の行動や状況をうけて、十分見合うような行動をとる」という意味。

つまり、「期待に応える」は「相手の望みに見合った結果をだすこと」というニュアンス言葉になる。

相手の「こうして欲しい」「こうなって欲しい」という希望の元

自分が行動をし、成果を出すということになります。

こうして書いていると・・・『期待』って・・・持ちたくないし。持たれなくない\(゜ロ\)(/ロ゜)/笑!!

相手も自分自身も苦しめるなぁ~と思いました^_^;

だって!

本人の応えたい!!気持ちの値と

私の望みを叶えてくれるでしょう!!の期待値の差が初めから違うのに・・・

勝手にガッカリされて(~_~;)勝手に怒られる・・・こんな理不尽(T_T)辛いですよね★

自分の想いは大事ですが、自分の想いを自分のさじ加減で擦り付けるのは・・・

お互い気持ちの良いモノでは無いですね(p_-)

 

『評価』

この世の中、本当に評価で溢れてるなと感じます(~_~;)

YouTubu・インスタ・食べログ・マッチングアプリ・・・評価ボタンがあり。

恋バス・お見合いでさえも・・・

趣旨は出逢いを求めて、出逢ってもらい、未来に繋げていく!

のはずなのに・・・

「この人はこうだ!あーだ!」と人の評価を付ける始末(T_T)

私が一番怖いのは

「他人の評価に左右されること」なのです(@_@;)

他人は「他人事」なので自分の価値感で『評価』をします。

*味はピカイチなのに店がボロイ⇒「あの店はマズそう×

*原材料同じ化粧水A・B⇒「Aを有名人が使用していたからAが〇でBが×

*見た目がぽっちやり⇒「自分に甘い!×

*話は出来る⇒「コミュ力あるのは〇」

*服が好みでない⇒「ダサイから×

*ご飯おごってくれた⇒「お金ありそうだから〇」

などなど・・・表面の視覚と他人の何気ない言葉のみで「決めつける」のです。

また、自ら望んで『キラキラした世界をのぞき込み』

*インスタやSNSやお金持ちの特集TVを見て*

「いいなぁ~私なんて・・」「ずるいなぁ~僕なんて・・」と自分自身で見て落ち込む・・・

そこから更に、その見知らぬ人と自分を比較して「不幸探し」を始めるのです(-_-;)

その『評価』には何の意味があるのでしょうか・・・。

 

そして最後に・・・

『侮辱』

【ぶじょく】

相手を見下し、言語や動作などによって恥ずかしい思いをさせること。ばかにすること。

TVドラマや、アニメ・漫画の世界や、日常の中でも

「君は私をバカにしているのかね?」とか「ばかにしないでよっ!」とか耳にした事がありますが

「侮辱しないで!」という言葉は「ばかにしないで」と言う言葉よりは聞く機会は少ないです。

私からしてみれば、まだ何も知らない相手の事を自分の価値観で見下し、SNSにあげたり・誰かに話し

共感を求めている。

その言動そのものが【侮辱】だと・・・。

 

私の娘が¥1430支払って購入してきた本があります。

タイトル【私は私のままで生きる事にした】

中学生にしてはなかなかの大金(@_@;)

お小遣いなど我が家にはありません。

お手伝いをしたら〇〇円制度です(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

*働かざる者食うべからず☆みたいですが(^^♪笑

これは家族で決めたルールなんです(^^♪全員が同意し決めた!我が家だけのルールです(^^♪

思春期の娘が大金はたいて、何故この本を手に取ったのか?知りたくて!!

娘に了承を得て、本を借り読みました。

大人と言われる私がハッ!とする内容でした。

 

この本の中で【侮辱】について書かれている文に目がとまり・・・

気が付くと、私は繰り返しその文を何度も何度も読み返していました・・・。

 

『人並みに成功しないと認められない社会で

虚しさを埋めるための一番簡単な方法は、

他人を侮辱することだ。

つまり、自分の存在感のなさや劣等感を埋め合わせるため、

そして薄っぺらい優越感を味わうために、

他人を侮辱している…。』

 

自分の都合のいい情報だけを利用して、相手のイメージを悪くする。

私は娘を通して、この本に出会い、教えられたな・・・。と衝撃を受けました。

私も今まで生きてきた中で、そんな人でそんな生き方をしてきたのではないか・・・と。

 

それも・・・無意識に悪気もなく。

 

今回なぜ、この3つの言葉に対してブログを書いたのか。

それは、本当に良く耳にするフレーズ【言葉】だったからです。

 

この世に完璧な人間はいません。

そもそも・・・完璧な人間って?どんな人間なんでしょうか?

何をもって『完璧』と言っているのでしょう。

【自分の都合のいい情報だけを利用して、相手のイメージを悪くする】ではなく。

自分自身をもっと好きになって。

相手の良いトコロを見つけていく事の方が

毎日楽しく過ごせる♪のではないかと・・・

皆さんもそう思いませんか?

この考えを強制するつもりは全くありません(*^_^*)

価値感も考え方も捉え方も人それぞれなのですから☆★☆

ただ、少しでも共感できるところがあれば!!

全員がそんな気持ちで出逢っていければ!!

誰も傷つかず、傷つけず。

恋バスでも・お見合いでも・日常の出逢いも・・・

 

上手くいかなくても!!

笑顔で幸せな毎日を送れるのではないのかな・・・

 

と!宮原は思い(*^_^*)

今回はこのような内容でブログを書かせて頂きました<m(__)m>

 

いつも最後まで読んで下さり誠にありがとうございます(*^_^*)

Contact us!

相談は無料です!
まずはお気軽にご連絡ください

TEL:0120-451-551 月~金10:00~19:00 / 土10:00~17:00
定休日:火曜日 ※月火が祝日の場合は水曜定休